アルバム『まともな愛のま、まほうの愛のま。』のターンが終わり、

3/4からニューシングル『がんばれ紅組まけるな白組』のターンが始まります。

小難しいこと抜きでやってこう、初見でわかるシンプルな良い歌をめざしました。

 

今作、『がんばれ紅組まけるな白組』。

 

どないな曲やねん!ってことなのですが、まさしく超応援歌です!

J-POPのスターたちの『応援歌』は嫌いな僕なのですが、

この曲は、まさしく応援歌です。

 

今までにないくらい超ポップな曲調なんですけど、

村上の根底にあるひねくれたモノがどかっと乗っかった

『割と色々あった』曲なんです。

さぁ!この文章のタイトルはこうしよう!

 

『全ての陰キャラへ』

 

村上の高校時代、1, 2年生の時の暗黒時代。

 

1年生の時にサッカー部に入ろうとして、説明会に行った帰り、

イケてるグループ的な集団の調子乗りに言われた「お前一生バイバイな」。

という言葉。そこから僕は変わりました。I君に駅で言われた言葉です。

友達できるかな、と思って居た矢先に。

 

そこからサッカー部に入ることを諦めて『フォークソング部』に入ったわけなのです。

まさしくそこは『陰キャラ』の巣窟でした。

『陰キャラ』という言葉はいけてるやつからよく言われていたので、めっちゃ嫌いですが!

その部活動で『ゆらゆら帝国』『銀杏BOYZ』など刺激的な音楽を教えてもらい、

バンドを組み、16才の頃、地元堺の三国ケ丘FUZZで『イヌガヨ』『The denkibran』

を見て人生が変わりました。

僕はサッカー部やダンス部にいた僕をバカにした奴らに一矢報いろうと、

ラジオやテレビに出て悪口を言ってやろうと思ってバンドを始めました。

 

教室のカーテンの中でiPodを聞いてただけの昼休み。

集合写真を撮る時、僕が居なかったのに誰も気づかなかった神戸の遠足。

ゆら帝に憧れて伸ばしたロン毛を指さされて言われたひそひそ声。

 

どうしようもなくて、すごく情けなくて、

そんな僕らに聞こえてほしいのは応援歌でした。

 

--------

 

僕らは同じ、みんなと同じ

普通の暮らし、普通の気持ち。

知らないふりでいつも平気で

忘れたふりですぐに笑える。

 

さみしくて、さみしくて、涙がこぼれそう。

さみしくて、さみしくて、さみしくて。

 

がんばれ負けるな男の子

こんな僕らでも!!

I wanna be a boyfriend 好きだよ

 

優しい男になれるかな、明日からは

 

 

(がんばれ紅組まけるな白組 2番の歌詞)

---------

 

あの頃のことをちょっと思い出して作った歌詞です。

もしかしたら僕みたいな人がいるんじゃないかって思います。

万人に当てられたJ-POPの応援歌ではなく、

『こんな僕ら』に、届けばいいなって思います。

 

ぜひ、聴いて見てね。

 

2018/3/2 村上真平

 

 

 


 

私は違う みんなと違う 正しい心 綺麗な仕草 だけど言葉が 出てきやしない 君の目を見て 話せやしない さみしくて さみしくて 涙がこぼれそう さみしくて さみしくて さみしくて がんばれ負けるな女の子 悲しみは終わるよ I wannabe a girlfriend 好きだよ 楽しいことだけ数えてよ 明日になる 僕らは同じ みんなと同じ 普通の暮らし 普通の気持ち 知らないふりでいつも平気で 忘れたふりですぐに笑える さみしくて さみしくて 涙がこぼれそう さみしくて さみしくて さみしくて がんばれ負けるな男の子 こんなぼくらでも I wanna be a boyfriend 好きだよ 優しい男になれるかな 明日からは 君のにおいが とても好きさ 石鹸と 退屈のに お い